tidy::parseFile

tidy_parse_file

(PHP 5, PHP 7, PHP 8, PECL tidy >= 0.5.2)

tidy::parseFile -- tidy_parse_fileファイルまたは URI にあるマークアップをパースする

説明

オブジェクト指向型

public tidy::parseFile ( string $filename , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null , bool $useIncludePath = false ) : bool

手続き型

tidy_parse_file ( string $filename , array|string|null $config = null , string|null $encoding = null , bool $useIncludePath = false ) : tidy|false

与えられたファイルをパースします。

パラメータ

filename

もし filename パラメータが与えられた場合、 この関数はファイルを読み込み、tidy_parse_file() のように実行してファイルに基づいたオブジェクトを初期化します。

config

config には配列あるいは文字列を渡します。 文字列を渡した場合は設定ファイルの名前、 それ以外の場合は設定そのものとして解釈されます。

オプションについての説明は » http://api.html-tidy.org/#quick-reference を参照ください。

encoding

encoding は入出力ドキュメントのエンコーディングを設定します。 指定できるエンコーディング名は asciilatin0latin1rawutf8iso2022macwin1252ibm858utf16utf16leutf16bebig5 および shiftjis です。

useIncludePath

include_path からファイルを探します。

返り値

tidy::parseFile() は成功時に true を返します。 tidy_parse_file() は、成功時に新しい tidy インスタンスを返します。 これらのメソッド、関数は、ともに失敗時に false を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 configencoding は、 nullable になりました。

例1 tidy::parseFile() の例

<?php
$tidy 
= new tidy();
$tidy->parseFile('file.html');

$tidy->cleanRepair();

if(!empty(
$tidy->errorBuffer)) {
    echo 
"The following errors or warnings occurred:\n";
    echo 
$tidy->errorBuffer;
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top