PHP 5.4.31 Released

一般的な考慮事項

完全に安全なシステムは理想の産物でしかないため、セキュリティ業界で しばしば使用される手法は、リスクと利便性のバランスのとれた手法です。 変数がユーザーから投稿される度に(網膜スキャンと指紋のような)2種類の 生体認証が必要だとしたら、極端に高いレベルの説明義務を生じます。ま た、かなり複雑なフォームを埋めるために30分もかかるとすれば、ユーザー がセキュリティをバイパスする手段を探す気分にさせる傾向があります。

最善のセキュリティは、通常、ユーザーによる業務の達成を防たげずに要求 を十分に達成できる程度にさしでがましくないものです。むしろ、いくつ かのセキュリティ攻撃は、単純にこの種の多げさに構築され、時間を浪費 しがちなセキュリティ機構を狙うものです。

記憶するに値する言葉として次のようなものがあります。「システムは鎖 の最も弱い輪と同程度に優れている」全てのトランザクションが時間、場 所、トランザクションの型等に基づき大量に記録されているが、ユーザーは 一つのクッキーのみにより認証されている場合、ユーザーとそのトランザク ションログの結び付きの確実性はかなり弱くなります。

テストの際に、最も簡単なページに関してでさえ、全ての可能性をテスト することは不可能であるということを頭に入れておいてください。期待する 入力は、不機嫌な社員、経験のあるクラッカー、キーボードの上を歩く家 の猫による入力とは全く無関係でしょう。これが、想定外のデータが入力 される可能性がある場所を見分けるために論理的な視点からコードを見て、 その後、修正、減少、または詳細に調べるというのが、最善であるという 理由です。

インターネットにはあなたのコードを壊したり、システムを破壊したり、 不適切な内容を投稿したり、その他あなたの一日を不快にするようなこと により自分の名を馳せたいと思う人がたくさんいます。サイトの規模の大 小によらず、単にオンラインであり、接続できるサーバーを有しているだけ で攻撃目標となりえます。多くのクラック用プログラムはサイトの大きさ を考慮せず、犠牲者を探しつつ大きなIPブロックで網を張っています。 その犠牲者の一人にならないようにしてください。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top