PostgreSQL 関数 (PDO_PGSQL)

はじめに

PDO_PGSQL は、PHP から PostgreSQL データベースへのアクセスを可能にするための PHP Data Objects (PDO) インターフェイス を実装したドライバです。

リソース型

この拡張モジュールでは、ストリームリソースを定義しています。これは PDO::pgsqlLOBOpen() が返すものです。

インストール手順

--with-pdo-pgsql[=DIR] で PDO PostgreSQL 拡張モジュールをインストールします。オプションの [=DIR] には、PostgreSQL の基底インストールディレクトリあるいは pg_config へのパスを指定することができます。

$ ./configure --with-pdo-pgsql

定義済み定数

このドライバでは以下の定数が定義されて います。これは拡張モジュールが PHP に組み込まれているか、実行時に動的にロード されている場合のみ使用可能です。さらに、これらのドライバ固有の定数は そのドライバを使用している場合にのみ使用されます。 あるドライバ固有の属性を別のドライバで使うと、予期せぬ結果を引き起こします。 もし複数のドライバを使用しているコードを実行している場合、 PDO::getAttribute()PDO::ATTR_DRIVER_NAME 属性を使用することで、使用中のドライバ名を調べることが可能です。

PDO::PGSQL_ATTR_DISABLE_PREPARES (int)

SQL文とパラメータを一緒に、一回のコールでサーバに送信します。 これによって、名前付きのプリペアドステートメントを別々に作ることを避けられます。 SQL文が一度しか実行されない場合、 不要なサーバとの通信を避けられるので、レイテンシを抑えることができます。

General notes

注意:

bytea フィールドはストリームとして返されます。

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top