Memcached::deleteMultiByKey

(PECL memcached >= 2.0.0)

Memcached::deleteMultiByKey指定したサーバーから複数のアイテムを削除する

説明

public Memcached::deleteMultiByKey(string $server_key, array $keys, int $time = 0): bool

Memcached::deleteMultiByKey() は機能的に Memcached::deleteMulti() と同等です。しかし、自由形式の server_key を使用して、 key を特定のサーバーに関連付けることができます。

パラメータ

server_key

値を格納したりデータを取得したりするサーバーを表すキー。 アイテムの実際のキーをハッシュするかわりにサーバーのキーをハッシュして、どの memcached サーバーとやりとりするのか選びます。 これで、関連するアイテムを一つのサーバーにまとめられるようになり、マルチ操作の効率が上がります。

keys

削除したいキー。

time

サーバーがアイテムを削除するまでの待ち時間。

注意: memcached 1.3.0 (2009年リリース) 以降は、 この機能はサポートされなくなりました。 ゼロでない time を渡すと、 削除は失敗します。 Memcached::getResultCode()MEMCACHED_INVALID_ARGUMENTS を返します。

戻り値

keys をキーとした配列を返します。 それぞれの要素には、 対応するキーが削除された場合に true が入ります。 対応するキーの削除が失敗した場合、 定数 Memcached::RES_* のうちの一つが入ります。

Memcached::getResultCode() は、 最後に行われた削除操作の結果コードを返します。 つまり、keys の最後の要素に対する削除操作の結果を返します。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top