shmop_write

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5, PHP 7)

shmop_write共有メモリブロックにデータを書き込む

説明

shmop_write ( Shmop $shmop , string $data , int $offset ) : int

shmop_write() は、共有メモリブロックに文字列を書き込みます。

パラメータ

shmop

shmop_open() で作られた共有メモリブロックの識別子。

data

共有メモリブロックに書き込む文字列

offset

共有メモリセグメント内部のどこから、データを書き始めるかを指定します。

返り値

書き込んだ data のサイズを返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 PHP 8.0.0 より前のバージョンでは、 失敗した時に false を返していました。
8.0.0 引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。

例1 共有メモリブロックに書き込む

<?php
$shm_bytes_written 
shmop_write($shm_id$my_string0);
?>

この例は、$my_string にあるデータを共有メモリブロックに書き込みます。 $shm_bytes_written には、書かれたデータのバイト数が入ります。

参考

  • shmop_read() - 共有メモリブロックからデータを読み取る

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top