pspell_config_create

(PHP 4 >= 4.0.2, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

pspell_config_create辞書をオープンする際に使用する設定を作成する

説明

pspell_config_create(
    string $language,
    string $spelling = "",
    string $jargon = "",
    string $encoding = ""
): PSpell\Config

辞書をオープンする際に使用する設定を作成します。

pspell_config_create() は、 pspell_new() の構文に非常によく似ています。実際、 pspell_new_config() の直後に pspell_config_create() を使用した場合、全く同じ 結果となります。しかし、新しい設定を作成した後、 pspell_new_config() をコールする前に関数 pspell_config_*() を使用することで いくつかの進んだ機能が使用できます。

より詳細な情報と例については、pspell Web サイト » http://aspell.net/ のオンラインマニュアルを参照ください。

パラメータ

language

パラメータ language は、2 文字の ISO 639 言語コードと オプションでダッシュまたはアンダースコアの後に 2 文字の ISO 3166 国コードからなる言語コードです。

spelling

パラメータ spelling は、英語のように複数のスペルがある言語に関して スペルの指定を行うものです。指定可能な値は、 'american', 'british', 'canadian'です。

jargon

パラメータ jargon は、同じ language および spelling パラメータを有する 2 つの異なる単語リストを区別するための 追加情報を有しています。

encoding

パラメータ encoding は、単語のエンコーディングとして 予想されるものです。有効な値は、'utf-8', 'iso8859-*', 'koi8-r', 'viscii', 'cp1252', 'machine unsigned 16', 'machine unsigned 32' です。このパラメータはよくテストされていないため、 使用する際には注意してください。

戻り値

成功時に PSpell\Config クラスのインスタンスを返します。 失敗した場合に false を返します

変更履歴

バージョン 説明
8.1.0 PSpell\Config クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース を返していました。

例1 pspell_config_create()

<?php
$pspell_config 
pspell_config_create("en");
pspell_config_personal($pspell_config"/var/dictionaries/custom.pws");
pspell_config_repl($pspell_config"/var/dictionaries/custom.repl");
$pspell pspell_new_personal($pspell_config"en");
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top