pg_tty

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

pg_tty 接続に関する TTY 名を返す

説明

pg_tty(?PgSql\Connection $connection = null): string

pg_tty() は、指定した PostgreSQL connection インスタンスで、 サーバー側のデバッグ出力が送られる tty 名を返します。

注意:

pg_tty() は現在は使用されません。今はサーバーが TTY 設定を気にする必要がないからです。しかし、過去との互換性を 保持するためにこの関数は残されています。

パラメータ

connection

PgSql\Connection クラスのインスタンス。 connectionnull, の場合、デフォルトの接続を使います。 デフォルトの接続とは、pg_connect() または pg_pconnect() によって確立された直近の接続です。

戻り値

connection のデバッグ TTY を文字列で返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.1.0 connection は、PgSql\Connection クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース を期待していました。
8.0.0 connection は、nullable になりました。

例1 pg_tty() の例

<?php
$pgsql_conn 
pg_connect("dbname=mark host=localhost");

if (
$pgsql_conn) {
   print 
"Server debug TTY is: " pg_tty($pgsql_conn) . "<br/>\n";
} else {
   print 
pg_last_error($pgsql_conn);
   exit;
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top