openssl_x509_verify

(PHP 7 >= 7.4.0, PHP 8)

openssl_x509_verifyx509証明書のデジタル署名を公開鍵で検証する

説明

openssl_x509_verify(OpenSSLCertificate|string $certificate, OpenSSLAsymmetricKey|OpenSSLCertificate|array|string $public_key): int

openssl_x509_verify() 関数は、 certificate 証明書が 公開鍵 public_key に対応する秘密鍵で署名されたかどうかを検証します。

パラメータ

x509

使用できる値の一覧は キー/証明書パラメータ を参照ください。

public_key

OpenSSLAsymmetricKey - openssl_get_publickey() で返された公開鍵

string - PEMエンコードされた鍵。"-----BEGIN PUBLIC KEY----- MIIBCgK..." のようなものです。

戻り値

署名が正しければ 1 を。そうでなければ 0 を返し、 エラーが発生した場合は -1 を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 certificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
8.0.0 public_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。

例1 openssl_x509_verify() の例

<?php
$hostname 
"news.php.net";
$ssloptions = array(
    
"capture_peer_cert" => true
    
"capture_peer_cert_chain" => true
    
"allow_self_signed"=> false
    
"CN_match" => $hostname,
    
"verify_peer" => true,
    
"SNI_enabled" => true,
    
"SNI_server_name" => $hostname,
);
 
$ctx stream_context_create( array("ssl" => $ssloptions) );
$result stream_socket_client("ssl://$hostname:443"$errno$errstr30STREAM_CLIENT_CONNECT$ctx);
$cont stream_context_get_params($result);
$x509 $cont["options"]["ssl"]["peer_certificate"];
$certparsed openssl_x509_parse($x509);

foreach(
$cont["options"]["ssl"]["peer_certificate_chain"] as $chaincert)
{
    
$chainparsed openssl_x509_parse($chaincert);
    
$chain_public_key openssl_get_publickey($chaincert);
    
$r openssl_x509_verify($x509$chain_public_key);   
    if (
$r==1)
    {
        echo 
$certparsed['subject']['CN'];
        echo 
" was digitally signed by ";
        echo 
$chainparsed['subject']['CN']."\n";
    }
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top