ldap_free_result

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

ldap_free_result結果メモリを開放する

説明

ldap_free_result(LDAP\Result $result): bool

内部での結果保持用に割り当てられていたメモリを開放します。 結果メモリは、スクリプトの終了時に自動的に開放されます。

通常、LDAP の結果用に確保された全てのメモリはスクリプトの実行終了時 に開放されます。連続的な検索を行うスクリプトのように大きな 結果セットを返す場合、スクリプトにより使用される実行用メモリを 小さく保つために ldap_free_result() をコールすることが可能です。

パラメータ

result

ldap_list()ldap_search() が返す、LDAP\Result クラスのインスタンス。.

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.1.0 引数 result は、 LDAP\Result クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース を期待していました。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top