変更履歴

この拡張モジュールのクラス/関数/メソッドには次のような変更がありました。

VersionFunctionDescription
8.0.0convert_uuencodeこれより前のバージョンでは、 空文字列を変換しようとすると、特別な理由がないのに false を返していました。
 count_charsこれより前のバージョンでは、この関数は失敗時に false を返していました。
 cryptsalt は、オプションではなくなりました。
 html_entity_decodeencoding は、nullable になりました。
 htmlentitiesencoding は、nullable になりました。
 implodearray の後に separator を渡すことは、サポートされなくなりました。
 levenshteinこれより前のバージョンでは、 levenshtein 関数は引数を2個、 または5個指定して呼び出さなければなりませんでした。
 metaphoneこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 number_formatこれより前のバージョンでは、 number_format 関数は 引数を1個、2個、または4個受け入れていました(つまり、3個はダメでした)。
 parse_strresult は、オプションではなくなりました。
 soundexこれより前のバージョンでは、 空文字列をこの関数に渡すと、特別な理由がないのに false を返していました。
 sprintfこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 str_word_countcharacters は、nullable になりました。
 strcspnlength は、nullable になりました。
 strip_tagsallowed_tags は、nullable になりました。
 striposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 stristrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strrchrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strriposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strrposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strspnlength は、nullable になりました。
 strstrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 substrlength は、nullable になりました。
 substrこの関数は、前のバージョンで false を返す場合に、空文字列を返すようになりました。
 substr_comparelength は、nullable になりました。
 substr_countlength は、nullable になりました。
 substr_replacelength は、nullable になりました。
 vsprintfこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
7.4.0chrcodepoint に対して、 サポートされていない入力が与えられた場合、 黙って0 にキャストする動作をしなくなりました。
 implodearray の後に separator を渡すこと (つまり、古いシグネチャを使うこと) は、推奨されなくなりました。
 money_formatこの関数は非推奨になりました。 代わりに、NumberFormatter::formatCurrency を使ってください。
 str_getcsvescape 引数は、 空文字列を、プロプライエタリなエスケープ機構を無効にするシグナルとして解釈するようになりました。 これより前のバージョンでは、空文字列はデフォルト値のように扱われていました。
 strip_tagsallowed_tags は、array も受け入れるようになりました。
7.3.0striposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 stristrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strrchrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strriposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strrposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strstrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
7.2.18, 7.3.5substr_compareoffset の値は、 haystack の長さと等しくても問題なくなりました。
7.2.0number_formatnumber_format は、 -0 を返さないように変更されました。 これより前のバージョンでは、 num が -0.01 のようなケースで -0 が返される場合がありました。
 parse_strparse_str関数を 第二引数を指定せずに使うと E_DEPRECATED レベルの警告が発生するようになりました。
7.1.0str_shuffle内部的なランダム化アルゴリズムは、 libc の rand 関数ではなく、 メルセンヌツイスタ 乱数生成器を使うように 変更されました
 stripos負の offset をサポートするようになりました。
 strpos負の offset をサポートするようになりました。
 substr_count負の offset と length をサポートするようになりました。 length は、0 を指定しても問題ありません。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top